la vida deliciosa

とりあえず食べたら書く
雑食系覚書的食べ歩き日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
エリックサウス (八重洲)
念願のエリックサウス再訪です。

今回はミールスの他にアラカルトから1品チョイス。

ゴビ65(シックスティファイブ)
サクッとした衣の中にジューシーなカリフラワーが隠れています。
食感と香ばしさと味付けが絶妙で絶対ビールに合う系w
もともとは鶏肉で作る「チキン65」という料理ですが
「65」についてはざっと調べただけでも
名前の由来がたくさんありすぎ。

●65種類の材料が使われている
●準備に65日を要するから
●鶏肉1キロあたり65本の唐辛子を使う
●生後65日の若鶏を使用する
●羽を広げて横幅65センチの鶏を使う
●1羽を65ピースに分ける
●メニューの65番目に掲載
●1965年にチェンナイのホテルで生まれた
●発明したシェフのズボンのサイズが65だった
●夫婦喧嘩をして65個の調理器具を奥さんがシェフに投げつけた
●シェフが料理に名前をつける時にチキンのピースの数と使ったスパイスの種類、 
 それに使った調理用具の数を足したのが65だった

どれも胡散臭いところが面白い。
真相は謎ですがおいしければいっかw


メインは前回と同様菜食ミールスにしました。
 


奥は「ベジタブルクルマ」↓
ココナッツミルクベースでクリーミーながらも
青唐辛子がピリリと際立つカレーです。
具はごぼう、さつま芋、人参、たまねぎがゴロゴロ。
フェンネルが強くてちょっとお香ぽいw
手前は「ほうれん草のクートゥ」↑
ココナッツと豆と煮込んであるので汁気が少なく
マイルドで食べやすいです。
クートゥ大好き。

左は「カブのトーレン」↓
トーレンは野菜を炒め蒸しにした料理。
ココナッツとスパイスが香ばしくあっさりした味付け。
右は「サンバル」
豆と野菜のあっさりしたカレーです。
かなりしゃばしゃばで薄味。

真ん中はバスマティライスとポディ(フリカケ)、
右にはワダ(豆の粉で作る揚げ物)とヨーグルト。
左下はレーズンとカシューナッツ入りのターメリックライス、
その右にはウプマ、ココナツチャトニ、パヤサム(デザート)。
炭水化物の応酬〜
ワダがサクサクふわふわでおいしかった。
お腹いっぱいでウプマを残しそうになったけど
一口食べてみたらナッツとスパイスの香ばしさにそそられて
うっかり完食してましたw

前回も思ったのですが
やはりここは日本人のための南インド料理店。
良いものをより良くしようとする日本人の工夫が
どの料理にも活かされています。
ノンベジカレー(マトン・チキン)もバランスが秀逸でした。
時期によって違ったカレーが食べられるのも楽しみ。



エリックサウス
月〜金 11:00〜22:30(LO22:00)
土日祝 11:00〜21:30(LO21:00)
中央区八重洲2-1 八重洲地下街中四号
03-3527-9584


| 70 | 八重洲・丸の内 | 14:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
エリックサウス (八重洲)
カレーな方々がみなさんおいしいと仰るので
遅ればせながら行ってきました。

懐かしの八重洲地下街。
以前この近くに得意先があった時は
この界隈でしょっちゅうランチしてました。

お店はおしゃれなカフェバー風で
一見したところカレー屋さんぽくないですw
店内にはコの字型のカウンターとテーブルが数席。

ここに来たらミールス食べないとね。
食べ方の指南もあります。

ベジにしました。
この内容でライスとサンバルとラッサムがお代わりOKで
1390円ってすごくないですか?!
地上のライバル店を意識してるにしても素晴らしい企業努力。
ご飯はインド米と日本米。
インド的ふりかけの「ポディ」がかかっていてうれしい。
サクサクのワダ(豆のドーナツ的なもの)と
ウプマもついてる。

ラッサムもサンバルもとがってなくて優しい味わい。
私は好きなタイプです。
「本日のカレー」は「柿」でした。
柿がカレーになるなんてびっくりだけど
控えめな甘みがスパイスと合ってておいしかった。
あと豆のカレーが秀逸でした。
いろんな種類の豆が入ってて濃度があって
滑らかさとまとまり感がとても良かった。

ビリヤニもいただきました。
ライタとカレー1品がついてます。
チキンの味付けがしっかりスパイシーで存在感があります。
さらりと食べやすくボリュームもあって満足。

マドラスコーヒーで〆。

全体的に洗練されていてシンプルにおいしい。
日本人が作る、日本人らしい秀逸な南インドカレーでした。
気軽に南インド料理が食べられて本当に幸せです。
ぜひともこの場所で長〜く続けていただきたいなー


エリックサウス
月〜金 11:00〜22:30(LO22:00)
土日祝 11:00〜21:30(LO21:00)
中央区八重洲2-1 八重洲地下街中四号
03-3527-9584



| 70 | 八重洲・丸の内 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Maharaja-マハラジャ 丸の内店
土曜日のランチです。

人通りの少ない休日の丸の内ですが
なかなか賑わっていました。


モダンなインテリアの店内でオサレにいただくカレー!

今回は2種類のカレーランチにしました。
お代わり自由のライス、ナンにサラダとドリンクがついて1100円。
豊富なカレーのメニューから好きなものを選べます。
(種類によって追加料金あり)

左上はプロウンなんたら(名前失念)。エビのカレー。
バターが香ってクリーミーで甘みがあります。ナンにぴったり。

右上はチキンチェティナドゥ。
唐辛子がそのまま突き刺さってるけどw意外と辛くなくて
すごくいろんなスパイスが奥深く絡み合ってる感じ。
これが一番好きでした。

左下はマトン・ララ。
臭みのない柔らかいマトンがごろごろ。
やや酸味のあるグレービーで
カルダモンがかなり強く効かせてあり爽やかな香り。

右下はダール。豆のカレー。
こちらのはバターの風味が強めですが口当たりはさらっとしています。
とても上品な感じ。


料理の味付けや盛り付けはもちろん、
お店の中も店員さんもすべてが洗練されていて
さすが多くの支店を持つグループという印象でした。

デートにも使える感じ!


Maharaja 丸の内店
月〜金 11:00〜15:00 / 15:00〜22:00(LO)
土・日・祝 11:00〜15:00 / 15:00〜22:00(LO)
無休
千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビルB2
03-5221-8271



JUGEMテーマ:食べある記|グルメ
| 70 | 八重洲・丸の内 | 18:48 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
六厘舎TOKYO (東京駅)
ランチです。

カレー以外も食べてるアピールをしたかったけど
カレー以外はラーメンばかり食べてる人だと思われてそう・・・
和定食とかをアップする日もそのうちくると思いますw

で、久しぶりの六厘舎TOKYO。
相変わらず行列はしてるもののだいぶ短くなってて
平日の14時で30分くらいの並びでした。
後ろに並んでいた人に入店直前で割り込みされ
ムキーとする場面もあったけど・・・


そんな私を癒してくれた「味たまつけ麺」w

うまーい。
やはり麺のおいしさが突出してます。
こんなに甘みと風味が感じられる麺を食べたことない。
単体でもその風味の良さはわかりますが
つけダレと合体して初めてその実力を発揮するのです。

以前はスープ割をすると自動的に柚子パウダーが入ってたけど
今は自分で入れるようになったみたい。
卓上に置いてあります。
このパウダー天然な感じで良いです。
欲しいな。



六厘舎TOKYO
11:00〜22:30
千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 
東京ラーメンストリート内
03-3286-0166



JUGEMテーマ:食べある記|グルメ 
| 70 | 八重洲・丸の内 | 11:51 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ダバインディア (八重洲・京橋)
2009年最後の食べ歩きは「南インドカレー」。

数年前までランチでよく利用していたこちら。
最近すっかりご無沙汰だったし
夜は初めてなので楽しみにしていました。
今回は5人で伺ったので
アラカルトで各自気になるものをチョイス。


まずは「ワダ」
甘くないドーナツのようなスナック。
周りはサックサクで中はほわっと柔らかい。
豆が原料との事です。
コリアンダーがほんのり香ります。
添えられたココナッツのチャトニをつけるとさっぱりしつつ
ココナッツの甘みがしてさらにおいしい。


これは「サンバル」かな。
茄子・トマトなど野菜が入ったカレー。
一人に1つずつ配られました。
お通し的なもの?
これをワダにつけてもおいしい・


「キーマドーサ」
クレープのような生地の中に
挽肉を辛く味付けしたものが入ってます。
この生地おいしい〜
端のほうサクサクしていて中心のほうはもっちり。


変り種で「オニオンドーサ」
炒めた玉ねぎとコリアンダーのみの
シンプルであっさりした具です。
これもおいしい〜
ハーフサイズで十分な大きさ!


「フレッシュコリアンダーのカチュンバサラダ」
きゅうり・たまねぎ・トマトのさっぱりしたサラダの上に
コリアンダーがどっさり!


そしてカレーに突入。
珍しいものを選んでみました。
これは「青バナナとマッシュルームのホワイトカレー」
青バナナは芋のような食感で甘みは少ないけど
ほのかにバナナの香りが。
ホワイトカレーはクリーミーでマイルド。


続いて「ボンベイオイスターカレー」
タマリンドを使っているということで酸味のあるさっぱりしたカレー。
予想外の見た目と味でしたが
意外にも酸味が牡蠣と合っていました。


「コラハプールのマトン挽肉カレー」
けっこう辛いけどすごく好きな味!
マトンの香りとスパイスの香りがすごく合っていて
コクがあって甘めのナンに合います。


「タミル地方の魚カレー」
ほのかな酸味がありあっさりしたカレー。
淡白な白身魚と合っていて
バスマティライスで食べるとおいしい。


「ココナッツナン」
ココナッツをまぶした甘みのあるナン。
辛目のカレーと合います。


「バスマティライス」
香りの良いインドのお米。
パラパラなのでスープ状のカレーと良く合います。


いろいろな種類を楽しむなら4人以上で行くのがベストですが
少しずつカレーが盛られた定食的なメニューもあります。


インド人らしきお客さんがたくさん来ていたので
きっと本場の味なんでしょうね。
すごくおいしかったので絶対にまた行きます。



ダバインディア
月−金 11:15-15:00 / 17:00-23:00
土・日・祝 12:00-15:00 / 17:00-22:00
中央区八重洲2-7-9 相模ビル 
03-3272-7160



JUGEMテーマ:食べある記|グルメ
| 70 | 八重洲・丸の内 | 14:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ★お店のリストが地図で見れます★
+ 楽天
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE